ガジェット・DIY 連載・企画

全力、家賃0円生活──Vol.2 嗚咽の止まらない廃墟。

コボヒロ
ウゥグブルゥオォオォォオォェエウゥッッケフッエ″ェ″ッゥオ″フッ

こんにちは、コボヒロです。

僕はいま、絶賛ゲロをまき散らしております。

泥酔した人がビックリして介抱を始めてくれるぐらいの量です。

そのくらい猛烈な吐き気に、今なお襲われています。

この記事を書きながら、いつでもトイレに行けるよう、準備だけはしています。

異常な悪臭を放つ廃墟を0円でレンタルしちゃいました。

人間と同じで、外見だけの判断は良くないものだと、若干の後悔があります(笑)

きっときっと、人間が住んで良い空間ではない、、、のかもしれません。

神様
さすがの俺も引くわw

早くも企画倒れになりそうな予感がヒシヒシしています。

10~20年間放置された、カラオケボックスらしい。

この物件の所有物さんから話をよーくっ聞くと、もとはカラオケルームとして使われていたらしいです。

なんでも昭和時代のバブル期に、プレハブ型のカラオケボックスがかなり流行っていたらしく、

バブルがはじけたのと同時に、大量のプレハブ型カラオケボックスが潰れみたいです。

んで、そのときに大量に廃棄になるハズだった大量のプレハブの1つを、当時の価格、80万円で買い取ったらしいです。

最初は自分でカラオケをやったり、打ち上げに使っていたらしいのですが、少しずつ景気が悪くなり、最後には誰も寄り付かなくなってしまった、とのことです。

そして月日は流れ、令和2年。

私がその扉を開ける、そんなノリみたいです。

さてさて、そんな往年のカラオケボックス、読者の方に見てもらいましょう。

カブトムシの香り漂う室内へ。

 

 

コボヒロ
ボロロォロロゥルェッ

この隙間でも十分な殺傷能力を有しています。

クサいって言葉では物足りない。

でも、地獄って言葉は少し言いすぎな香りです。

画像には映っていないと思いますが、小さなありんこ結構います。

ゴミステーションの方がまだ綺麗かもです。

女性の等身大パネルと、天井の照明などが歴史を感じさせます。

ちっさいライトなんて、完璧にカラオケボックスの名残ですやん。

冷蔵庫の中身チェック。

この部屋のクサさは多分、冷蔵庫だと思います。

食べ物とかあったら一発でしょ、、、

きっとそう遠くない未来、コイツとは戦う運命です。

現状、まずは敵の戦闘力を見ておいて損はないハズ。

 

 

 

 

 

いくぞ、いくぞぉぉぉお!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せーの、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コボヒロ
ボロロォロロゥルェッ
神様
ロロロロロロロロォルロロロロロロロロロプッピチャプッホーップッ

唯一の救いは、電気配線が生きていること。

散々ゲロをまき散らした僕が言うのもなんですが、この部屋、別に悪いところだけではありません。

腐っても元はカラオケボックスだったので、電気的な配線はしっかりしていますし、何より回路がキチンと生きていました。

電気は完全に専門外ですし、素人はワンチャン感電で死にますからね、、、

コボヒロ
マジで唯一の救いだわ。

あと、防音性にも優れてることが地味に嬉しいポイントでした。

窓とドアを閉めれば周りの雑音を完全にシャットアウトできます。

(マジで雑音は嫌いです。)

もしも完成したら、ポッドキャストを始めよう。

そうだ、、、そうだよね。

悪いところばかりを見るな、俺。

良いところを見よう。

8年前に誰かが入ってる形跡アリ。

冷蔵庫に入っていた、『はじけてレモンソーダ』という商品は、サンガリアが2012年に発売したモノみたいです。

公式サイトで見つけたので間違いないハズ。

すなわちこの冷蔵庫は、2012~2013年のどこかでここへ運び込まれたモノである、と推定することができます。

それでも7~8年前か、、、その当時はどんな感じだったんだろう。

少し気になりますが、ここまで来たらやることはただ1つです。

いっちょやるか、DIY。

次回予告:全力、家賃0円生活──Vol.3 廃墟をお掃除(未公開)

レブ
次も読んでくださいねっ!

オススメの記事(集計中...)

-ガジェット・DIY, 連載・企画

© 2020 Tochi Geek