筋トレ・健康

「糖質制限ダイエットだけで痩せよう!」なんて考えている間は絶対ダイエットに成功しないと断言できる理由【糖質制限ダイエットは地獄の入り口】

2019年4月5日

こんにちは、糖質制限ダイエットはオススメしない派の「コボヒロ」です。

「ダイエットといえば糖質制限ダイエット!」

というぐらい、巷では糖質制限ダイエットが流行っています。

僕は「ダイエットを始めます!」と宣言してから糖質制限ダイエットについて、

研究論文、ダイエット成功者の本、漫画、雑誌、Webサイトなどの、

ありとあらゆる媒体を駆使して徹底的に調べ上げました。

耳にタコが出来るほど「糖質制限ダイエット」という言葉を聞いてきました。

目に穴が空くほど「糖質制限ダイエット」という言葉を見てきました。

そして遂にある結論を導き出しました。

「糖質制限ダイエット、ダメ絶対。」

糖質制限ダイエットは悪魔の実と同じようなモノ

皆さんは「悪魔の実」をご存知でしょうか?

人気アニメ「ワンピース」に出てくる面白い果実です。

悪魔の実の効果は「1つの強力な能力を得る代わりに、一生泳げないというデメリットを背負う」と言うものです。

言い換えるならば「1つの大きなメリットを得る代わりに、1つの大きなデメリットを背負う」という変換が可能です。

これってまさに「糖質制限ダイエット」そのものなんです。

糖質制限ダイエットの最大のメリットは「短期間で爆発的に痩せられる」こと

糖質制限ダイエットは、それはもう凄い勢いで痩せていきます。

擬音で表すなら「メキメキ」「ガンガン」「スルスル」あたりが適切でしょう。

100kgのデブなら、1週間で10kgは体重を落とせますし、70kgの人でも1週間で3kgぐらいは楽勝でしょう。

そのくらいインパクトが大きく、言葉に力強さが宿っているので、何も知らない人はその美味しそうなの果実に手を伸ばしてしまうのです。

が、がですよ?

糖質制限ダイエットは悪魔の実だと言いましたよね?

そうです、大きなメリットの裏には大きなデメリットが隠されているのです。

糖質制限ダイエットの最大のデメリットは「痩せづらい体」を作り上げてしまう

これが「糖質制限ダイエットは悪魔の実だ」と僕が声を大にして言っている理由です。

糖質制限ダイエットは「痩せづらい体作り」に特化しているのです。

確かに糖質制限ダイエットはあなたの予想を遥かに超える勢い、怖いぐらい速度感をもって「体重の減少」をもたらしてくれます。

それではここで少し考えてみましょう。

「何を?体重の減少という事実があればそれだけでいいじゃないか!」

と多くの人は口を開くのですが、本当にそれだけでいいのでしょうか?

「体から一体何が減ったのか?」

ということがあなたは気になりませんか?

減ったのは「脂肪」だけではなく「脂肪+筋肉」

「体重が減った!やった!」

となることは別に悪いことではありません。

問題は減った体重の中身です。

多くの人が勘違いしていますが、

「体重の減少=脂肪の減少」ではありません。

実は糖質制限ダイエットの体重の減り方は

「体重の減少=脂肪の減少+筋肉の減少」

なのです。

そしてご存じの通り、比重は「脂肪<筋肉」なので、筋肉を落とした方が痩せるスピード感というモノは加速します。

ここで糖質制限ダイエットを支持する人なら更なるツッコミを入れたくなりますよね?(笑)

「糖質制限ダイエットはタンパク質をたくさん摂取するから、筋肉は落ちないハズだ!!」

と言う人が世の中には腐るほどいますけど、

筋肉を形成する栄養をふんだんに摂取しても、破壊された筋肉すなわち、吸着する組織がなかったら筋肉はどんどん劣化していきます。

ようは「使ってない筋肉はどんなに素晴らしい食事管理をしていても劣化していく一方だ」ということです。

例えば、

ベットで寝たきりの人に、糖質制限ダイエットの食事メニューを与えると筋肉は衰えないのでしょうか?

少なくとも僕は「筋肉がガリガリになる」と考えます。

これはライザップを想像すれば良いだけです。

ライザップがなぜ糖質制限ダイエットと、筋トレを並行して行うのか、その理由はそこにあります。

詳しく知りたい人は、

「一度太ってから筋トレすると効率が良い」ハズがない!「筋トレをするためにまず太る」は大間違いだと言い切れる理由。【デブになる前にまずは読んで!】

を読んでください。

以上のことを時系列でロジック的にまとめると、

①糖質制限ダイエットで爆発的に体重が落ちる。

②脂肪と一緒に筋肉も落ちる。

③筋肉量が落ちると基礎代謝が落ちる

④基礎代謝が落ちると、カロリーが消費されづらい体になる

⑤結果「太りやすい体」の誕生!おめでとう!!

と言うロジックです。

ここまで見て鋭い人は

「短期的に痩せたい時だけ糖質制限ダイエットすればいいじゃない?」

と考えるのですが、残念。

そう上手くはいかないんです。

糖質制限ダイエットは、繰り返せば繰り返すほどに地獄の苦しみに変わっていくモノなのです。

2回目の糖質制限ダイエットの成功率は10%以下

まず最初に「糖質制限ダイエットのリバウンド率は90%以上」と言うことを覚えておきましょう。

ライザップに通っていた人のブログとか読むと、ほとんどの人は喜々としてリバウンド自慢をしています(笑)

と言うことは、必ずもう一度ダイエットをする日が訪れるのです。

多くの人は、前回のダイエットで成功体験をしている「糖質制限ダイエット」をすることは間違いないでしょう。

ここで先ほどの話を思い出して下さい。

1回目の糖質制限ダイエットで得たものは「痩せる」という成功体験、そして「太りやすい体」を手に入れました。

言い換えるならば、糖質制限ダイエットで痩せた人は既に「痩せずらい体」になってしまっているのです。

と言うことは、2回目の糖質制限ダイエットは1回目よりも厳しい道のりが待っていることが既に確定しているのです。

そして多くの人は、2回目の糖質制限ダイエットには失敗します。

当たり前ですよね?

前回よりも体重の減少率が悪いので、前回のような加速感がなく、喜びも対して沸き起こりません。

結果が出ないとあなたはどんな行動をとりますか?

そうです、前回よりも無茶な食事制限をするようになります。

その上で長期戦を覚悟しなければなりません。

当たり前ですが、長期的に無茶な食事制限をすると体の免疫力が低下し体が弱ります。

そして最後には体調を崩します。

体調を良くするためには「栄養」を摂取しなければいけません。

しかし、糖質制限ダイエット中なので栄養の摂取は困難を極めます。

「体調を崩したらしっかり食べるからいいもん!」

という人は、本当にいいんですか?

お粥なんて食べちゃって。

後悔しませんか?

炭水化物なんて摂取しちゃって。

あーあ、この数ヶ月間が無駄になっちゃったな〜。

また1からダイエットのやり直しですね。

今回はハードモードで済んだけど、次回はベリーハードモードだから頑張ってね~( *´艸`)

と、僕が耳元で囁くのでバランスの良い栄養の摂取は不可能です(笑)

もう認めて下さい、糖質制限ダイエットはドMの変態にしか継続できません。

糖質制限ダイエットはマジにしんどい

ある日突然、

「米」
「パン」
「ラーメン」
「うどん」
「そば」
「いも類」
「スイーツ」
「バナナ」
「イチゴ」
「みかん」
「日本酒」
「ビール」
「シャンパン」

たちが人生から消えたら辛くないですか?

その人生になんの面白みがあるんですか?

お米を食べたい日もあるし、ケーキを食べたい日もあるし、夏の仕事終わりにキンキンに冷えたビールを飲みたいことだってあると思います。

そういった楽しみを捨てなくても痩せる方法はたくさんあります。

「糖質制限ダイエットは絶対的な優位性がある」ワケではないこと証明済み

ダイエットの勉強中にある興味深い調査を発見しました。

糖質制限をして2000キロカロリー摂取したグループと、

糖質ありでバランスの良い食事を2000キロカロリー摂取したグループの体重の減り方、病気のリスクについての2年間の追跡調査です。

結果は、「どちらも全く同じ体重の減り方と病気のリスクレベル」という結果が判明していました。

ということは、糖質をとっても取らなくても、体重に依存するのはカロリーだよね、とういことがすでに証明されているのです。

「私は糖質制限ダイエットで痩せた!!」

という人は、

いつも食べている大盛ライスの代わりに、低カロリーのお肉を食べればもちろん痩せるし、

お昼にパスタ2人前を食べていた人が、ブロッコリー1房かじってプロテインを飲んでたら痩せますよね?

でもそれって、摂取カロリーが減ったから痩せただけであって、糖質を制限したから痩せたわけではない、

ということは客観的に第三者目線で見れば分かますよね?

デブった理由が糖質だとしても、糖質制限ダイエットをして痩せた理由は「糖質を制限したから」ではなく、

「カロリーを制限したから」なんです。

だったら、わざわざつらい糖質制限ダイエットじゃなくてもいいですよね?

そんな茨の道を好き好んで歩く必要はないですよね?

だってみなさんの目標は痩せることなんですから。

糖質制限は手軽ゆえに人気に火がついた

従来のダイエットはめんどくさいものが大半でした。

「あれはダメ、これはダメ」と覚えることがたくさんあったのですが、

糖質制限ダイエットは基本的に「糖質を食うな!」が大きな柱になります。

主たる例は、米、麺、パスタなどです。

馬鹿でも覚えられる手軽さゆえに人気に火がついたのです。

糖質制限ダイエットをしている人に会ったら、糖質制限ダイエットがどうして痩せるのか、ぜひ1度聞いてみてください。

恐らく「わからない」か「摂取カロリーが減るから」としか答えられないハズです。

そしたら少し食い気味にこう返してください。

「摂取カロリーが減るから痩せるなら、糖質制限ダイエットじゃなくてもいいよね?」と。

おまけ:長期間に渡って糖質制限ダイエットすると寿命が縮まる

アメリカのメリーランド州のとある博士たちが、

「バランスの良い食事」と「糖質制限で偏ったを食事」をした場合の寿命について、45〜64歳の成人約42,000人を25年間に渡って研究・追跡調査を行いました。

結果は、糖質制限で偏ったを食事したグループは約4年寿命が縮まりました。

糖質制限を信仰している人は、

「嘘を言うな!!!」

と顔を真っ赤にして怒るかもしれませんが、事実としてそう研究もあるんだよ、ということだけはお伝えしておきます。

信じたくなければ信じなければいいし、信じたければ信じればいいと思います。

その辺の受け入れ作業は個人の自由です。

「タバコを吸うとガンのリスクが上がって寿命が縮む」

もはや誰でも知っている事実です。

しかし、それを受け入れてるかどうかは個人の自由ですよね。

それと同じです。しかし、

耳の痛いことを見たり聞いたりしておいた方が、今後の人生は幸せ正しい選択ができると僕は信じています。

まとめ

「糖質制限ダイエット」も「カロリー制限ダイエット」同じで、

最終目標は「痩せること」です。

そしてダイエットで一番の難関はどんなにつらいときでも「継続すること」です。

恋人と別れて悲しいときでも、会社でミスをしてしまった時でも継続し続けることが一番重要です。

ダイエットは非常にシンプルで、

(消費カロリー)-(摂取カロリー)の答えが「+」ならダイエットは基本的に成功します。

摂取カロリーの中身は、お米が多めでもお肉が多めでもあまり関係はありません。

とは言え、「主食がポテチ」「主食がかっぱえびせん」ではさすがにお話になりません。

あくまで「基本」は最低限守った上でのお話です。

でわまたっ、よいダイエットを!

オススメの記事(集計中...)

-筋トレ・健康

© 2021 Tochi Geek