仕事・お金 有料級の自己啓発

決断し、学び、熱中し、成長しろ。【他人に価値を与えらるようになれ】

2019年2月6日

こんにちは、「コボヒロ」です。

「あなたの人生を左右するモノはなんですか?」

お金?仕事?家族?健全な肉体?強靭な精神?

たしかにすべて重要で、あなたの人生を左右するかのように思えます。

しかしそれは誤りです。

あなたの人生を左右するモノは「決断力」です。

決断力は、世界中のみんなに与えられた平等な力です。

序文はこれくらいにして、さっそく見ていきましょう。

自分の人生は自分で決めろ

まず最初に共通の認識としてみなさんにもっていてほしいことは、

まわりに起きることはコントロールができない、という事実です。

毎日学校や会社に遅刻してくる人に、「明日は遅刻するなよ!」といっても焼け石に水でしょう。

太っている人に、「明日からダイエットをしろ!」といってもダイエットを始めることはないでしょう。

このように周りに起きることはコントロールができないんです。

しかし、

起業をするのか?
どこを目指すのか?
ブログを書くのか?
二度寝をするのか?
会社に出勤するのか?
自分がなにをするか?
ダイエットをするのか?
物事をどうとらえるか?

という自分の行動は、すべて自分でコントロールができます。

あなたの「決断力」次第でいくらでも未来は変えられます。

みんな悩み方がヘタクソ

みんなの悩みやストレスって、

「テストでいい点が取れない。」
「ビジネスがうまくいかない。」
「友人のミスで時間を無駄にした。」
「こいつを信じて投資して、お金を失った。」
「この人と別れたらもう二度と結婚なんてできやしない。」

などがランキングの上位に入ってくると思います。

いまの文書を読んで、なにか共通点に気がつきましたか?

少し考えてみてください。

共通点は、「自分自身に対して目を向けすぎだ」ということです。

「自分が悪い」「自分がああしていれば、、」という考え方が多くの苦しみを生んでいるんです。

ぼくにもその考え方で苦しんでいる時期がありました。

起業してすぐ、

「ビジネスがうまくいかない。」
「社員が僕の言うことを聞いてくれない。」

という考え方をしていて、ストレスを感じていた時期がありました。

しかし、その考え方は間違っていることに気がつかされました。

ぼくが苦しんでいたのは、ビジネスやバイトのことではない、

ビジネスが上手くいかない自分自身に苦しんでいた、という事実を1年ぐらいでようやく認識できたのです。

本来ならばすぐにでも問題解決を目指し、対策を打つべきなのに、

常に最悪の場合を考えたり、自分を厳しく非難することに忙しかったというわけです。

価値を与え続けろ

その考え方を変える解決方法は「感謝」だと教わりました。

期待するよりも、感謝するようにすると人生は大きく変わります。

自分自身という「個」とらわれずに、他の「個」に価値を与えることに集中すること、

それがビジネスで成功する法則だと学びました。

性別、年齢、身長、体重、容姿、それらはすべて関係ありません。

それらはただの都合のよい言い訳、すなわち逃げです。

学び、熱中し、成長しろ

自分がどれだけ市場に、そして世界に価値を与えらえるかが重要です。

あなたがもし、経済的な成功を手に入れたいなら、他の「個」に価値を与えなければなりません。

なにか特別なスキルを身につけて、周りに貢献しなければならないのです。

そのスキルを身に着けるために、学び、熱中し、成長する必要があります。

人生を楽しむ秘訣は、自分の殻を破って価値を与えることにあります。

自分の想像できなかったこと、想像を超えたときに充実感で満たされます。

この充実感を一度でも味わってしまうと、あなたは知ってしまうのです。

喜びやワクワクを。

僕はこの感覚がたまらなく好きです。

千日の稽古を「鍛」とし、万日の稽古を「練」とす

人生には高い壁がたくさんあります。

中には自分で高い壁を作っているかもしれません。

あなたの理想が高いのは素晴らしいことです。

しかし、完璧主義になってはいけません。

1日にできることや、1年で成し遂げられることを高く見積もりすぎている人が多くいます。

そして数十年で成し遂げられことを低く見積もります。

なぜでしょう?

「YouTuberのヒカキンさんみたいになってやる!」といって1年で諦めてしまう人。

「プロブロガーのイケハヤさんみたいになってやる!」といって3年で諦めてしまう人。

「Appleのスティーブ・ジョブズみたいに世界を変えてやる!」といって5年で諦めてしまう人。

そういう人たちは成功者たちが日陰の時代を知らないから、簡単に諦めてしまうのだと思います。

失敗するか成功するかわからない状態で、

イケハヤさんは9年間頑張り、
ヒカキンさんは3年間日陰を歩き、
スティーブ・ジョブズは30年間死ぬ気で努力を続けた。

結果はみなさんご存知の通りです。

時間はある

この記事を読んでいる多くの人は、20代か30代の人が多いです。

始まったばかりの自分の人生を、焦って台無しにするのは少しもったいない気がします。

成功や経済的な自由を目指す前に、成長しその過程を楽しめるようになりましょう。

自分に少しでもいいから時間を与えて、自分を少しでも愛してあげると人に与えるモノを見つけられるはずです。

みなさんと次の記事でまたお会いできるのを楽しみにしてます!

でわまたっ

オススメの記事(集計中...)

-仕事・お金, 有料級の自己啓発

© 2021 Tochi Geek