筋トレ・健康

【永久保存版】ジムあるある・筋トレあるある100選

2019年3月27日

ジムでの筋トレが大好きな「コボヒロ」です!

僕はゴールドジムを7年間、自宅の筋トレルームのように使っている人間でございます。

その中で実際に体験した、

コボヒロ
うわっ!
これってあるあるw

と感じた、ジムに通って筋トレしている人なら絶対に分かる「ジムあるある・筋トレあるある」を100個まとめてみました。

俗に言う「ジムあるある」「筋トレあるある」と呼ばれるモノです。

ジムで筋トレをしているガチムチの人はもちろん、ジムでの筋トレ初心者の人たちなら、この記事を読んで共感してもらえると嬉しいです。

何個共感できるかは人それぞれだと思いますが、目安として

0~40あるある…筋トレ初心者(最近入会した人)
41~70あるある…筋トレ中級者(1ヶ月以上ジムで筋トレした人)
71~95あるある…筋トレ上級者(1年以上ジムで筋トレした人)
96~100あるある…筋トレ神(10年以上ジムで筋トレした人)

が僕の肌感です。

ちょこちょこふざけた部分もあるので、1度でも「ふふっw」と笑っていただけら最高です。

筋肉あるある100連発、スタート!!

1.初心者ほど腹筋と上腕二頭筋をやたら鍛えまくる

デブと筋トレ初心者は、腹筋マシンとアームカールを延々とやっています。

小さい筋肉ばかり鍛えても無駄なんですけどね。

ニック
どう、腕太くなった?
デブだから分からんよw
コボヒロ

腹筋は脂肪が落ちれば自然い割れますし、腕はフリーウエイトで自然と太くなるのを知らない模様。

筋トレ初心者ほど、まずはBIG3をしましょう。

ベンチプレス、スクワット、デッドリフト。

2.ランニングマシンで5kmとか走っちゃう

ダイエットをしている人やデブに限って、ランニングマシンを必死にこなします。

ニック
今日も有酸素運動、、、ゼェゼェ
頑張ったぉ、、、ゼェゼェ
この後、なに食べるの?
コボヒロ
ニック
ご褒美にビックマック3つ!

ランニングをすると、実は太るって知ってますか?

ランニングとダイエットは最悪の組み合わせです。

科学的なトレーニングを心がけましょう。

3.ゴールドジムへの憧れがちょっぴりある

ぼくは筋トレをすると決めた時から、ゴールドジムへ行こうと決めていたので、この気持ちはわかりません。

が、友人からは「ゴールドジムとか憧れるわー。」としょっちゅう言われます。

行けばいいじゃん。月額10,000円ぐらいだぞ。

買える1流は積極的に買いましょう。

【筋トレ初心者はゴールドジムへ行こう】筋トレマニアが教えるゴールドジムの「9つのメリット」と「5つのデメリット」

4.「今日は何の日?」が通じるようになる。

肉王
コボ、今日は何の日?
脚の日ですよ~。
コボヒロ

ジムの挨拶として日常的な「今日は何の日?」は、祝日とかの確認ではありません。

訳は、「お前の筋肉は相変わらずデカいな!で、今日はどこを鍛えるんだい?」です。

絶対に覚えておいて損はないでしょう。

嘘だと思うでしょう?

これはマジなんです。

5.プロテイン代、サプリ代で万年金欠

ジム代とプロテイン代だけで、毎月10,000~20,000円は消えていきます。

なので、誕生日プレゼントや記念日には、プロテインを送ってあげると死ぬほど喜びます。

くれぐれも洋服をプレゼントなんてダメですよ?

すぐに着れなくなりますからね。

伸縮性のある服ならギリOKです。

6.「筋肉がついた」から「筋肉がデカい」という表現にかわる。

ジムに通いだしてすぐは、パンプしたことを

コボヒロ
筋肉がついた!

と、おおはしゃぎで喜ぶのですが、ある時期を超えると、

肉王
ふむ。少しデカくなった。

歴戦の猛者たちは、静かに喜びを噛みしめるようになります。

こうなってきたら、ガチムチ変態予備軍です。

7.「筋肉がデカい」という表現を覚えると、「○○が弱い」という言葉も使いだす。

肉王
まだ脚が弱い。フンッフンッ

肉王さんレベルの筋肉ガチムチの人が、自分の筋肉を弱いだの、小さいだの言い出します。

こうなったらガチムチ変態確定です。

スクワットで200キロを10回3セットできる人の筋肉が弱いってどゆこと?

これぞガチ勢、これぞゴールドジムのクオリティ!

正直、ちょっと引いちゃいますよね(笑)

8.入会しただけで満足してしまう

これは、筋トレ初心者あるあるですね。

ニック
僕もついにゴールドジム入ったよ!ドヤッ

入会しただけで満足してしまうパターンです。

そういう人は腕まくりをして、腹筋と上腕二頭筋を鍛えて、大体3ヶ月以内に消えていきます。

9.すれ違う人の体格をジロジロ見て、脳内で数値化。

すれ違うちょっとマッチョなナイスガイを見つけたら、

肉王
フッ、俺の勝ちだ。

目には見えないですけど、ジムの顔なじみを数値化して優劣を付け出します。

マッチョたちは日夜厳しい戦いに晒されているのです。

10.「着れる服がなくなる!」という心配をする

11.しかし、筋肉がなかなかつかないことを知り、杞憂に終わる。

筋肉は簡単にはつきません。

ほとんどの人は今までの服が着れなくなるまで頑張れませんから、

ご心配なく全力でトレーニングに励んでください。

1年も筋トレすれば、いま持っている服の大半は着ることが難しくなります。

コボヒロ
服に使うお金って超ムダだなっ

そしてプロテイン代が増えていくのです。

12.「筋肉こそが最高のファッションだ!」と豪語しだす。

ここまでこれたら、さぞあなたと筋トレの相性が良かったのですね。

おめでとうございます。

晴れてあなたも「筋肉の奴隷」です。

13.基本、服はパッツンパッツン

筋トレ中級者ぐらいは絶対に一回り小さいサイズを着用しています。

しかし、本物のガチ勢は腕が入るか入らないかでしか服を選べません。

だって丸太のような腕してるんですもん。

14.ジムに長時間滞在してしまう

この辺はボディビルダー、もしくは筋トレ初心者にありがちですね。

筋トレ初心者は物珍しいジムにはしゃぎ、いろんなマシンを楽しみます。

ボディビルダーは言わずもがなです。

中級者は逆に早く終わらせることを目標にしてたりしますので、トレーニング自体は意外と短時間で切り上げます。

15.健康診断は毎年「肥満」

筋トレをマジでやっている人は、BMIが肥満の人が多いです。

コボヒロ
肉王さんって、BMIいくつなんですか?
55。フンッフンッ
肉王
コボヒロ
(食べごろだな、、、)

16.計画的な休みなのに、罪悪感が半端じゃない

歯磨きと同じで筋トレをしないと気持ち悪いんです。

これが俗にいう"習慣病"です。

17.その罪悪感から「ちょっとだけなら、、、」と結局ジムに行ってまい、ガッツリトレーニング。

これも結構やりがちです。

「ちょっとストレッチやって、軽く有酸素運動でもやって上がろう。」

と思っていたのですが、体がいざ温まったら、

「ヨッシャッ!!フリーウエイトだ!!」

なんてことある人、結構多いんじゃないですか?

18.「なにを目指してるの?」と親に真顔で言われることがある

19.「それ使えない筋肉なんでしょ?」と友人に鼻で笑われたことがある

20.「その筋肉なに使うの?」と恋人から小馬鹿にされたことがある

スポーツカーに乗ってるだけで、「レーサーにでもなるの?」って言われるぐらいどうでもいい質問。

恋人から「あたしと仕事どっちが大事なの?」と言われるぐらい不毛なやりとり。

こちとらそういう次元で筋トレなんぞしていません。

21.1回のジムで全身を満遍なく筋トレしてしまう

これぞ筋トレが続かない原因。

分割法で筋トレをしましょう。

今日は胸、明日は背中、みたいな感じでね。

22.ある程度の知識がつくと、部位ごとに鍛えだす。

部位ごとに鍛えだしたら、ようやくスタートを切ったかなって感じです。

この辺から個人個人で筋肉の成長の差が出だします。

23.脚の日はいつもテンションが下がる

コボヒロ
肉王さん、画像もデカいっすw

ぼくは脚の日が一番嫌いです。

普通に手も抜くし、やる気も起きません。

そもそもサボるなんてもことも日常茶飯事です。

理由は簡単。

クッソ辛いからです。

24.胸の日のテンションはパリピ

鏡で見える前面の筋肉の日はテンションはアゲアゲです。

多少辛くても頑張れます。

25.そして背中の渋さに気がつく

なんやかんやで最後は背中のカッコよさに気がつきます。

脚でも胸でもなく、背中こそが至高です。

なに?腹筋?

あんな筋肉はおまけです。

26.人生初プロテインはザバスかDNSの国産を選ぶ。

安定を重視しがちですよね。

国産なら間違いない。

僕は、ファインラボが好き。

27.その後、海外のプロテインに手を出し、プロテイン沼にハマっていく

最初の3袋を飲み干した後に、海外のプロテインを漁りだします。

「自分に合うプロテインが他にあるはずだ!!」

というプロテイン沼にハマって、肝心なトレーニングがおろそかになりがちです。

ちゃんとトレーニングをしましょう。

28.プロテインを飲む量が増えていく

最初はトレーニング後の1杯だけ、

次はトレーニングのない朝にも飲みだして、

最後には、朝昼晩プロテインです。

プロテインジャンキーの誕生です。

29.そして屁が臭くなる

消化しきれなったタンパク質が腸で腐敗したモノが、

悪臭をまき散らすオナラの原因です。

プロテインの飲みすぎ、お肉の食べ過ぎ。

スメハラになるのでご注意を。

30.筋肉痛は親友

サッカー漫画で有名なキャプテン翼の主人公は、

「ボールは友達だ!」と言いました。

その一方で世界トップのボディビルダーたちは、

「筋肉痛は友達だ!」と言っています。

どの友達を選ぶかはあなた次第です。

31.むしろ筋肉痛がこないとめっちゃ不安になる

朝起きて筋肉痛がないと、

コボヒロ
昨日のトレーニングの何がマズかったのだろうか?

的なことを1日中考えてしまいます。

世のトレーニーはかなり繊細な心の持ち主なんです。

32.鏡があると筋肉チェック

鏡を見ると絶対に髪形をチェックしてしまう男性、化粧を直してしまう女性いますよね。

それと同じです。

鏡を見ると絶対に筋肉をチェックしてしまうのが、筋トレを愛する人たちです。

鏡があれば1日は余裕で暇つぶせます。

33.最初は重量をめちゃくちゃ気にする

34.自分よりガリガリが、自分より重い重量をあげていて、少しへこむ

「あの人は30キロのダンベルなのに、ぼくは7キロか、、、」

大丈夫です。

いつかは必ず挙げられます。

そのいつかはまだまだ先ですけど、、、

諦めるな、寡黙に継続しよう。

35.しかし、フォームが大事ということに気がつく

重量で勝った負けたの一喜一憂をしているのは、筋トレ初心者です。

そのことに気がつき、フォームを意識するようになります。

そうなったら筋トレの成長は早いです。

36.出張や体調不良で1週間ぐらいトレーニングしないだけで、精神が不安定になる

「2~3週間筋トレをサボっても、そこまで筋量は減少しない」

そのことを頭ではわかっていても、心がそれを許してくれない。

37.6月以降、夏に向けて筋トレを始める人がたくさんいる。すでに手遅れということを伝えたい。

定番のあるある。

これからのシーズンは特に増えてきます。

これ見よがしに腕を見せてくる、袖をまくったお兄さまたちが、、、

痛タタタタタタタタタタ、、、、

38.上半身マッチョ、下半身貧乏がいる

気持ちはわからなくはないんですよね。

僕も下半身貧乏だし。

下半身のトレーニングってキツイし、細身のパンツが履けなくなる。

だからみんなやりたがらないんですけど、そんなこと言ってる内はガチ勢の仲間入りは難しいでしょう。

やるのだ、圧倒的なスクワットを。

39.ちょっとだけ自分が強くなった錯覚に陥る

格闘技とかやってるわけじゃないのに、

なんか喧嘩で負ける気がしない。

しかし、そもそも喧嘩をする機会がない。

40.マシントレーニングをやりまくる。

最初の3ヵ月ぐらいはマシントレーニングを延々と無双する。

41.そしてフリーウエイトという単語をググりだす

ニック
俺もそろそろフリーウエイトか!

と思い、フリーウエイトゾーンに近づこうとする。

42.しかし、フリーウエイトのエリアには見えない結界が張られていて、またマシンへ逆戻り

絶対に見えるはずのない結界に拒まれる。

肉王
(ジーッ)

ガチ勢の視線が怖い。

無言の筋肉が威圧してくる。

ダンベルを振り下ろす動作が、血風の如き風として吹き荒れている。

それが初心者の目に映るフリーウエイトの場所。

43.意を決しフリーウエイトでのスペースを確保するが、使い方がわからんくて秒で撤退。

ニック
そんなものに負けてどうする!!

気合で何とかフリーウエイトに挑戦してみるが、みんながやっているフリーウェイトと全然違う。

そしてマシントレーニングというオアシスに秒で返り咲き、マシントレーニングの神になる。

ニック
やっぱ落ちつくわ~。
ラットプルダウン。

44.「10回3セットは絶対!」という勘違いをしがち

なにがなんでも"10回3セットは正義"だと勘違いしている。

しかし、他の人のトレーニングをみて、100%の重量で1回というトレーニング方法を学ぶ。

45.どこでもすぐ脱ぐ

学校、職場、自宅。

どこでも上半身裸になりたがる。

「俺ジムで鍛えてるんだぜ!」

そんなことを周囲に言ってたら目も当てられない。

脱ぐのはお風呂とベットの上だけにしてください。

46.自重トレーニングをしている人を下に見がち

「俺はジムに通ってるぜ!ドヤ」
「自重とか、、、プププ」

になっている人をたまに見かけますが、

自重のチンニングすらできないくせに何を言っているの?

自重トレーニングでもマッチョになれます。

47.「海行ってきたの?」ってぐらいタンニングマシンで肌を焼く

マッチョの7割は4月をすぎることには、

「海行ってきたの?」

みたいな肌になります。

みーんな真っ黒。

48.高重量で踏ん張ったときに屁がでる

りっこ
ブッ(あっ、、、)
チラッ、、、
コボヒロ

どんな人でも絶対に1回ぐらいは必ずあるはず。

そしてその屁が臭くて恥ずかしい思いを間違いなくしている。

隠すな隠すな。

りっこ
ねぇねぇ、
なんでりっこだけこの役回りなの?✨

お前の本性を読者に知ってもらおうかなと。
コボヒロ
りっこ
あ゛?

49.食生活を気にするようになる

今までの自堕落な生活が改善されていく。

「コーラ飲むならプロテイン飲むわ。」

この思考回路が形成されます。

というかそれがデフォルトになる。

正しいダイエット期間の設定方法とダイエット期間中に限らず、人生において食べてはいけない加工食品や人工甘味料たちのご紹介。

50.ササミとブロッコリーを敬愛する

これは99%のマッチョに理解されそう。

ぱさぱさのササミと、ふぁさふぁさのブロッコリーが大好き。

 

51.たとえ話がすべて筋肉系

マッチョA「日曜日登山に行ってきたよ。」

マッチョB「へー。どのくらい高かったの?」

マッチョA「俺の上腕二頭筋と同じぐらいかな、、、」

マッチョB「マジか!!ってことは、、、」

マッチョA「そう、富士山。」

マッチョB「チョモランマじゃないんかーい!!」

マッチョA&マッチョB「はっはっはっ!!!!」

これが日常会話です。

言いたいことは良くわかるよ、どうせ冗談だと思ってるでしょ?

これは実話です。

52.集団でジムに来ているやつを見ると、「イラっ」とする

肉王
群れやがって、邪魔くさい。

53.が、少しうらやましい

一方で寂しい気持ちがあるのも事実。

自分と同じレベルのトレーニーを探すのに一苦労。

なかなかおらんのです。

54.水を2リットル以上飲むようになる

浅い知識だけど、なんかいいんでしょ?

デトックスされるらしい。

体にいいなら即実行。

これがトレーニー。

「体を作るのは良い水といい塩、それとタンパク質だよ。」

そんなことを言い出したら筋トレ末期。

55.常連とそうじゃない人の違いが分かるようになる

コボヒロ
あっ、この人またいる。

っていうのがわかる。けど、絶対に話すことはない。

絶妙な距離感。

56.範馬勇次郎の背中に憧れる

鬼の背中を完成させようと、

ひたすらシーテッドローを繰り返す。

そして気がつけば早3年。

今日もシーテッドローを繰り返す。

57.筋肉は裏切らないことを実感する

恋人にフラれたあとに実感する。

「もうお前さえいてくれればいいよ。上腕二頭筋、、、」

58.イライラが減る

ちょっとやそっとのことじゃイラつかなくなる。

その理由は、筋肉に悪影響が出るからです。

59.「みんな筋トレすればいいのに!」と思うようになる

肉王
なんでこんな素晴らしいことをしないんだろう?フンッ

筋トレを広めようとするが理解されない。

いつの日か「筋トレの宣教師○○」と呼ばれる。

60.ある日突然、重たい重量が上がる

3日前までは、7キロしか挙がらなかったのに、今日は12キロ挙がる。

なんで?

たまに壁がぶち壊れることがあるんですよね。

そして筋トレの魅力にハマっていく。

61.「トランス脂肪酸は毒物だ!」という認識に代わる

「コンビニ=毒物販売所」に見えてくる。

「特に菓子パンは法律で規制したほうが良い!」

そう思ってるあなたは、筋肉末期です。

62.あれほど好きだったラーメンをすんなりやめられる

63.お酒がプロテインに代わる

ラーメン代やお酒代は、プロテイン代へシフト。

ラーメンを食べた分のカロリー消費のほうが大変。

その思考回路が当たり前になる。

64.プロテインを飲み干した後に、水を足して飲んで後悔する

絶対1回はあるはず。

清々しい筋トレの後味が、超激マズで終わります。

でもまたやっちゃう。

勿体ないもんね。

65.マッチョという人種にはいろいろなタイプがいることを知る

ボディビルダーだけじゃなくて、フィジークっていうのもある。

そして筋トレしている人の目的も様々で面白い。

健康のため、趣味、大会に出るため。

中でもダントツで1番面白かったのが、

「嫁とのストレスを解消するため。」と言っていた人。

その人はベンチプレス120キロ挙げていました。

そろそろ離婚するんじゃないかな。

66.筋トレ中にふと「なんでこんなことしてるんだろう?」と考えてしまう

鏡をみて、不細工な顔して、重いもの持ち上げて、なんか意味あるのかな?

と悟りを開くが、休憩時間が終わり、またトレーニングを開始してしまう。

気づいたら早7年が過ぎていた。

67.3ヵ月をすぎると筋トレをしないと気持ち悪くなる

歯磨きと一緒の感覚になる。

朝起きて磨かないと気持ち悪い感覚。

コボヒロ
仕事終わったら筋トレ行かなきゃ。

筋肉がジムを欲している。

少しずつ筋肉の奴隷に近づいていく。

68.基本的にマッチョは初心者に優しい

一見怖そうなガチムチたちだけど、話せば普通に優しいということに気がつく。

特に女性には優しい。男には手厳しい。

このスケベ紳士が。

69.マッチョ同士にも派閥がある

なんとも世知辛いジムの中。

どのコミュニティにも派閥はあるから、仕方がない。

もちろんお局もいるよ。

70.すね毛の処理が女性より綺麗でまったく隙がない

71.もちろんわき毛や胸毛もツルツル

マッチョは「絶対みんな脱毛してる!」ってぐらいツルツル。

女性の足より綺麗なんてことはザラにある。

ブラジリアンワックス今度やろうかな。

72.「このマシン空きます?」とボディビルダーに言われると「どうぞどうぞ!」と空けてしまう

筋肉的威圧感、半端ないです。

その筋肉少し引っ込めてもらえると、威圧感が減るんだけどな、、、

73.更衣室の鏡を使い、全裸でポーズを決めている変態がいる

74.が、そのほとんどは顔をみていない

必ず1人はいる。

腹筋をチェックしている人、背筋をチェックしている人、大胸筋をチェックしている人。

しかもフルヌードで。

1番やばい奴は、脚のチェックしている人。

Tシャツ着たまま、フルチンで脚の筋肉を見てる。

頭隠して尻隠さず。

胸隠して竿隠さず。

せめてパンツぐらい履け。

75.帽子とかネックレス、タンクトップに憧れる

76.しかし貧相な自分の体をみて「自分にはまだ早い」と悟る

これも一度は夢見たことあるはず。

「あの人カッコいいネックレスしているな。」
「あの人カッコいい帽子しているな。」

でも着用していく勇気がない。

たまねぎ剣士に勇者の剣はまだ早い。

77.日が昇っている間は、一般人の時間帯(運動)

78.日が沈んでからは、ガチ勢の時間帯(トレーニング)

常にガチ勢だらけじゃないということを知る。

昼間は女性やご年配の方が健康目的で運動している。

日が沈みかけると、ガチ勢がワラワラ集まり、ゴリゴリにトレーニングを始める。

運動とトレーニングの違いを痛感する。

79.フリーウエイトのエリアはうめき声であふれている

「ふんっ!!」
「あ゛あ゛ーーー!!!」
「んんんんーーーーっ!!!」
「んごぉぉぉぉーーーっ!!」
「ハァハァ、、、」

野獣の檻にぶち込まれたのかと錯覚したことが1度はあるでしょう。

マッチョA「もうムリムリーーー!!」

マッチョB「まだイケるだろ!ハイっ、ラスト1回!」

マッチョA「うぉぉぉぉーーーー!!!!ッシャーー!」

マッチョB「まだイケるだろ!ハイっ、ラスト1回!」

マッチョA「テメェ覚えてろーーー!!あ゛あ゛ーーー!!!」

というやり取りがどこかしこで聞こえます。

80.ロッカーはお気に入りの場所がある

「さて今日もトレーニングだー♪」

と揚々とロッカーにピットインしたら、

いつものロッカーが空いていないことに気がつきやる気2割ダウン。

「今日は軽くやって帰ろっかな、、、」

81.友達が減る

82.彼女や彼氏と会う頻度が減る

友達や恋人と遊び行くより、筋トレのほうが大切。

筋肉は裏切らない!

83.手にマメができる

84.そしてグローブを買う

手が鉄臭くて、本当に嫌。

おまけにマメはできるし。

グローブ買ってこよ。

85.ボディビルダーへの偏見が敬意に変わる

86.なかやまきんに君を馬鹿にすることができなくなる

トレーニングしたことない人「あんなに鍛えててただの変態やん!www」

ジムに通いだした人「どうやったらあんな太い腕になるんだ、、、」

87.持ち上げられるハズもない重量に挑戦してしまう

ジムに入って3ヵ月ぐらいすると、

ニック
そろそろベンチプレス100キロいけんじゃね?w

という甘い考えからセットしてみるが、

1ミリも上がらず絶望。

ニック
ふー。今日はたまたま調子が悪かっただけだ。

とすかした顔で元に戻し、颯爽とその場を立ち去り、帰路につく。

その小さい背中の寂しさときたら、、、

88.ウエアがタンクトップになりがち

筋トレを初めて1年以上が経つと、筋肉を見せたがりになりがちです。

肌の露出が増えるのは必然でしょう。

89.サウナと風呂に入って帰る人がいる

目的はよくわからないのですが、必ずいます。

自宅にお風呂がないのかな?

ちなみに僕は自宅でシャワーを浴びる派です。

90.筋トレをしても痩せないということに気がつく

筋トレしても食事生活を変えないと、デブります。

ニック
筋トレしてるから、たくさん食べても大丈夫!

みたいな人がいますが、大丈夫じゃないです。

ジムにもデブはたくさんいます。

デカくなることが目的ならいいのですが、ダイエットが目的なら食事制限も取り入れたいですね。

91.タンパク質ジャンキー

プロテインプロテインプロテインプロテインプロテインプロテインプロテインプロテインプロテイン。

タンパク質タンパク質タンパク質タンパク質タンパク質タンパク質タンパク質タンパク質タンパク質。

頭の中こればっかり。

どちらも同じ意味なんですけどね。

92.マッチョは体調を崩しやすい

「マッチョ=強い」は間違いです。

「マッチョ=強そう」は半分正しいです。

「マッチョ=病弱」は大正解です。

93.仕事を早く切り上げてジムに行きたい欲が芽生える

間違いなく仕事の能率が上がる。

「今の力で100%だよ、、、」

そんな甘ったれた言葉は、筋トレには存在しない。

「今の力で100%やれば、明日には101%になっている。」

それが筋トレの不思議であり、魅力。

ゆえに仕事でも成長し続ける。

94.他人を気にしなくなる

他人はどうでもよくなる。

自分の筋肉が最優先。

95.YouTubeで筋トレのフォームを勉強する

いろんなボディビルダーのフォームやトレーニング法を日夜研究しがち。

「人のトレーニング見て何が楽しいの?」

そう思う人が多数だと思いますが、でも面白いんです。

96.筋トレのことを「ワークアウト」というようになる

絶対一度は言っちゃう。

筋トレ3ヶ月目の人「最近ジムに通っててさ。」

筋トレに無縁の人「へぇーー!筋トレしているんだ!」

筋トレ3ヶ月目の人「ワークアウトね。」

筋トレは無縁の人「」

97.背中を真剣に鍛えだしたら初心者卒業

98.下半身の大切さを知ってこそ中級者卒業

99.週8でジムに行き、上級者を卒業

100.そして「エア筋トレ」ができたら、ボディビルダーの仲間入り

宮本武蔵の五輪書を読んで、

「千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を練とす。」

「やがて無刀の道へ。」

に感銘を受け筋トレに励み、

やがて無器具の道へ歩みだす。

おめでとうございます。

以上です!

いかがでしたか?

あなたは何個ぐらい「それあるあるだわ〜ww」と思いましたか?

何個当てはまったのか、何が1番あるあるだと思ったのかを筋トレ仲間とワイワイしながら、休憩時間に盛り上がってみて下さい。

でわまたっ。最高の筋トレライフを!

オススメの記事(集計中...)

-筋トレ・健康

© 2021 Tochi Geek