筋トレ・健康

ビオテインが日本で待望の商品化されたので感想を述べます。最大の目玉は『乳酸菌B420×美容プロテイン』の融合。ビオテインのメリットや魅力を解説していきます。

2019年9月19日

ビオテイン、いつも毎日、ビオテイン!

こんにちは、朝食はプロテイン派の「コボヒロ」です。

遂に出ました!日本最先端のプロテイン『ビオテイン』が!!

少し前の記事に、

【最高のプロテイン】「ファイン・ラボ ピュアアイソレート」のプレーン味が最高のプロテインだと言い切れる3つの理由。

という渾身のプロテイン記事を書いたのですが、担当の方から早くもメールで

avatar
担当・ノヒト
コボヒロさんが推してる『最高のプロテイン』を塗り替えられそうな新商品が日本で誕生したかもしれません!

との連絡が飛び込んできました。

その新商品の名は『ビオテイン』と言い、

ボタニカルシャンプーで有名な『株式会社I-ne』と『日本コカ・コーラ』が出資する合同会社『Endian』が開発しました。

最大の特徴は、日本初『乳酸菌B420×美容プロテイン』の融合したプロテイン(ビオテイン B420)だ、という点で、現在はを自社サイト限定で発売しています。

そこで今回は「ビオテイン B420」のプロテインについて徹底分析していきます。

※メールをくれた担当の人には心から感謝しています。

ありがとうございます('◇')ゞ

『ビオテイン B420』とはなんぞや?

『ビオテイン B420』は「美容×栄養×筋肉」を1つにした

美容にこだわる筋トレ女子」
「美容にこだわる筋トレ男子」

たち必見のプロテインに仕上がっています。

市販で売っている普通のプロテインは「ただ筋肉をつける」その一念を叶える為だけに存在していますが、

今回発売された新商品『ビオテイン B420』は、

「高い美容成分(複数のビタミン)×乳酸菌(B420)×プロテイン」の役割を1つで果たしてくれるので、

ダイエット中の女性、筋トレ女子、美容にこだわる筋トレ男子の健康をサポートするプロテインとなっております。

『ビオテイン B420』プロテイン4つのメリット

メリット1:ゆるーく、痩せる

通常1食のカロリーは1200キロカロリーなのに対して、

『ビオテイン B420』は、1食あたりのカロリーが約68.8kcalとなっており、1ヶ月間ただ続けるだけで自動的に「10,000kcalオフ」になります。

脂肪1キロを減らすのに必要なカロリーは「7200kcal」なので、

『ビオテイン B420』を朝食に取り入れるだけで、何もしなくても毎月1.3キロ痩せます

痩せ方としても急激ではなく、カーブが緩いので超絶オススメです。

なお、正しいダイエットの期間については下記の記事をご覧ください。

これだけでも十分すぎるメリットなのですが、これだと普通のプロテインとさほど大差ありません。

ビオテインの凄さはここからさらに加速していきます。

メリット2:ホエイプロテイン配合(豊富なタンパク質が含有)

リバウンドしづらい体を作るには、筋肉の主成分である「タンパク質」を適度に摂取し、年齢と共に下がる傾向にある基礎代謝を落とさないことが大切です。

『ビオテイン B420』はタンパク質が豊富なホエイプロテインを配合しています。

ホエイプロテインは、乳糖や糖質などの除去率が高く、タンパク質を多く含有しています。

さらに、1袋あたり水で溶かすと約「70キロカロリー」ととてもヘルシーな食事にもなります。

『ビオテイン B420』は、ダイエットを補助してくれるアイテムだと言えるでしょう。

【ビオテイン】B420 プロテイン×乳酸菌の全てをのぞき見る? 

メリット3:乳酸菌「B420」が腸内環境を改善

『ビオテイン B420』の「B420」は乳酸菌の種類です。

そして『ビオテイン』はその乳酸菌「B420」が100億個以上入っています。

乳酸菌「B420」はあなたの腸内環境を整え、体の内側からあなたを綺麗にしてくれます。

乳酸菌「B420」の効果についてはフィンランドの学者が研究ですでに証明しているのでご一読ください。

デュポンニュートリション&ヘルスのKaisa Olli氏(フィンランド)が、デュポンの持つビフィズス菌「B. animalis ssp. lactis 420」(以下「B420」)に関する研究発表を行った。デュポンの乳酸菌研究の中心となるフィンランドのカントヴィックにある研究所の研究成果で、ラクティス420の摂取による体脂肪低減機能に関する臨床試験の結果を発表。

試験は、BMIが28~34.9の健常人225名を、①プラセボ、②ポリデキストロース12g/日、③B420を1010CFU/日、④ポリデキストロース12g+B420を1010CFU/日、の4群に分け、それぞれ6か月間摂取してもらった。

すると、④ポリデキ+B420及び③B420においては、体重を改善、脂肪量の変化は、④ポリデキ+B420が-4.5%(-1.4kg)の差を、③B420が-4.4%の差を示し、総脂肪量ではプラセボ比で有意差がみられた。脂肪量の変化は腹部で最も顕著で、④ポリデキ+B420はプラセボ比で腰囲の減少を確認。また除脂肪体重の有意な増加(筋肉量増加)も確認している。③B420と④ポリデキ+B420では、エネルギー摂取量の有意な減少もみられた。

プロバイオティクス菌株であるB420は、単体でも効果はあるが、ポリデキストロースと併用することで相乗効果が得られ、体脂肪低減や筋肉量の増加により高い効果が得られるということが判明した。デュポンでは、これらのデータを紹介しながら、日本市場においてもB420(製品ブランド「HOWARU®Shape」)の積極的な拡販を進める。

引用:デュポン、ビフィズス菌B420の体脂肪低減効果の研究成果を発表

この乳酸菌「B420」を用いた商品が日本初で完成した商品が、

『ビオテイン B420』というワケです。

メリット4:美肌、美容効果の高い成分が豊富

『ビオテイン』は、ダイエット中に不足しがちな美容のために必要な栄養素を1杯にたっぷり含んでおり、飲むだけで「健康的なお肌と健全なボディ」へとあなたを導きます。

ビタミンA

ビタミンAは、目や皮膚の粘膜を健康に保ったり、抵抗力・免疫力を強めたりする働きがあります。

レバー、うなぎ、バター、マーガリン、チーズ、卵、緑黄色野菜 などに多く含まれています。

ビタミンB1

ビタミンB1は、体内で糖質がエネルギーに変わるときに働く酵素をサポートする補酵素としての大切な役目をもっています。

ビタミンB1が不足すると、代謝に支障が生じて、身体に乳酸などの疲労物質が蓄積しやすく、疲れやすい体になってしまいます。

豚肉、大豆、ウナギの蒲焼き、穀物の胚芽を豊富に含むもの(玄米や全粒粉など)、かれい、栗などに多く含まれています。

ビタミンB6

ビタミンB6は、食品中のたんぱく質からエネルギー産生したり、筋肉や血液などがつくられたりする時に働き、皮ふや粘膜の健康維持に役立っています。

ビタミンB6は、たんぱく質を多くとる人ほどたくさん必要になります。

かつお、まぐろなどの魚類、レバー、肉、バナナなどに多く含まれています。

ビタミンC

ビタミンCは、病気やストレスへの抵抗力を強めたり、鉄の吸収を良くしたりします。

さらに、抗酸化作用もあり、有害な活性酸素から体を守る働きをすることから、動脈硬化や心疾患を予防することが期待できます。

ビタミンCは、ストレスの多い現代人は特に摂取する必要があるといわれており、寒さ、暑さ、疲労、苦痛、心痛、睡眠不足、働き過ぎなどを軽減する効果もあります。

ビタミンCが不足すると、寒さや細菌に対する抵抗力が下がってカゼなどの病気にかかりやすくなったり、骨の発育が不十分になったりします。

ビタミンCは、かんきつ類の果物やイチゴ、野菜、いもなどに多く含まれています。

ビタミンE

ビタミンEは、抗酸化作用により、体内の脂質の酸化を防いで体を守る働きがあり、体内の細胞膜の酸化による老化や、血液中のLDLコレステロールの酸化による動脈硬化など、生活習慣病や老化と関連する疾患を予防します。

ビタミンEが不足すると、血行が悪くなり、冷え性や頭痛、肩こりなどを起こしやすくなります。

他にも、抗酸化力が低下するため、肌を紫外線などの刺激から守りにくくなり、シミやシワができやすくなります。

アーモンドなどのナッツ類や、植物油、うなぎ、かぼちゃ、アボカドなどに多く含まれています。

ナイアシン

ナイアシンは、糖質、脂質、たんぱく質から、細胞でエネルギーを産生する際に働く酵素を補助する不可欠な働きをします。

魚介類、肉類の他、きのこ類、レバー、魚、肉などに多く含まれています。

パントテン酸

パントテン酸は、糖質、脂質、たんぱく質の代謝とエネルギー産生、コレステロール、ホルモン、免疫抗体などの合成にも関係しています。

パントテン酸が不足すると、疲れやすくなったり、食欲がなくなったり、便秘になったりします。

レバー、納豆、さけやいわしなどの魚介類、肉類、卵などに多く含まれています。

エンザイムQ10

コエンザイムQ10は、エネルギー燃焼にも関っていますので、ダイエットをサポートする成分としても注目を浴びています。

老化防止、心疾患の予防にもとても効果的です。

イワシ、ブロッコリー、牛肉などに多く含まれています。

水溶性の食物繊維 たち

腸の働きを助け、便通を整え、さらに生活習慣病の予防にも役立つ、第6の栄養素として重要視されています。

水溶性の食物繊維たちは、腸内細菌(善玉菌)のえさになって、腸内環境を整え、血糖値の上昇やコレステロールの増加を抑えます。

果物、こんぶ、ワカメ、こんにゃく、山芋、などに多く含まれています。

コラーゲン

男性女性問わず、美容に気を使う人間の大好きな『コラーゲン』のことについては、

「資生堂コラーゲンLABO」さんの記事をご覧ください。(外部サイトに飛びます)

さて、ここまで読んだあなたは

avatar
美容 好美
こんなにたくさん食えるかっ!!!

と言いたくなりますよね?(笑)

ぶっちゃけ僕もそう思います。

そこで活躍するのが『ビオテイン B420』です。

飲むだけでここに乗っている10種類を超えるビタミンを手軽に摂取でき、美容や健康にとても効果的です。

『ビオテイン B420』の小さな落とし穴

「ビオテイン B420をたくさん飲めば、早く効果が大きく出る!」

と言った、プロテイン・サプリ関係にはよくある過ちを犯すのだけはお止めください。

何がなんでも毎日飲むことはしてはいけません。

自分の体の調子を見ながら「まずは週に3日」から始めてみて下さい。

週3日からをオススメする理由は、

ビタミンの過剰摂取は過剰症をおこし、体に特異な変化が現れます。

たとえば、

ビタミンAでは、食欲不振・悪心・嘔吐・脱毛・発疹など、

ビタミンDでは、食欲不振・頭痛・口渇など

の障害が起き、過剰摂取を止めない場合は最悪、死にます。

ゆえに、まずは必ず「週3日」を忘れないでください。

肝心の味は、、、あまり期待しないで下さい(笑)

『ビオテイン B420』はすっきり飲みやすいヨーグルト味しかありません。

公式サイトが推奨している飲み方は、

「ビオテイン1袋をシェイカーに入れ、牛乳や豆乳で割って飲む」

ですが、実際に試したところお世辞にも美味しいとは言えませんでした。(ほんっっとすいません!!!)

少し前にも説明した「ファイン・ラボ ピュアアイソレート」のプレーン味と同じレベルの味です。

そこで僕は混ぜています、他の粉末やプロテインと。

この記事に掲載されている「甘いプロテインたち」に『ビオテイン B420』を混ぜたら激ウマでした。

僕のように『ビオテイン B420』単体では物足りない人は、

違うプロテインを少し混ぜてみたり、ココアパウダーやきな粉を混ぜてみると非常に美味しく飲めるので個人的にオススメします。

海外直送品Now Foods Cocoa Powder Organic Organic, 12 oz

★★★★☆(12個の評価)

脂質が0の本格ココアパウダー

実は『ビオテイン B420』はあなたの家計も助けます!

通常の家庭が食べる平均的な朝ごはんは、

「白米」
「お味噌汁」
「焼き魚」
「生卵・納豆」
「漬物・おひたし」

が基本です。

所要時間は平均96分、1食約823円です。(電気水道代込み)

お金もかかるし、洗い物はたくさん出るし、何よりめんどくさい、、、

そんな非効率で慌ただしい朝はそろそろ卒業しませんか?

『ビオテイン B420』は1食たったの210円です。

所要時間は1分。朝食の1/4の値段。洗い物はなし。

『ビオテイン B420』を導入すれば、

「朝食の準備がなくなる」
「ゆったりとした朝を迎えられる」
「ゆっくり寝てられる」

そして何よりも「痩せる」し、「家計簿を助ける」優れもの。

人生において最も大事なモノは「自分の体」です。次いで「時間」。

その両方を実現できる『ビオテイン B420』

この機会にぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

ちなみ現在「初回限定の特別価格」でご提供されています。

このページからお申込みした場合、メーカーと特別交渉しているので、

通常価格から40%OFFで購入できます。

この機会にぜひ一度「いつも頑張っているご自身の体」に少し気を遣ってみてはいかがでしょうか?

僕はそれが何よりも賢い投資だと思います。

でわまた、よきダイエットライフを!

オススメの記事(集計中...)

-筋トレ・健康

© 2021 Tochi Geek